wordpressについて

2017.02.09:wordpress

当事務所のメインのCMSは、wordpress(ワードプレス)です。

CMSとは何でしょうか?
CMSはcontent management system(コンテンツ マネージメント システム)の略です。
コンテンツとは、文章や画像などのウェブサイト(ホームページ)を構成する素材です。
つまり、CMSとは、お客様がコンテンツを作ったり編集したりといったことが自由にできるようになっているシステムです。
要はブログみたいなものです。自由に記事を書いたりできますよね?

僕の仕事は、お客様が作ったコンテンツが、ウェブサイト(ホームページ)の形になるようにデザインをすることです。

昔々、ウェブサイトを作るということは、すべての管理をウェブデザイナーに任せるということでした。
文章の1文字の打ち間違いだって、すべてウェブデザイナーが直していました。
もちろん、今でもそういう作り方をすることはあるのですが、「修正をしたい」「新たにページを作りたい」「近況を書きたい」などのお客様からの希望が多く、CMSのお仕事が相対的に多くなっています。

CMSは「MT」「Soy CMS」「a-blog CMS」「joomla」など、他にもたくさんの種類があるのですが、今、もっとも使われているCMSといえば、やはり、wordpressです。

当事務所では、かんたんにwordpressが使えるようになる説明書をお配りし、好評をいただいております。
ご検討ください。


SEOについて

2017.02.09:WEB TIPS

SEOとは検索エンジンで検索されたときに上位表示されるように、ウェブサイトの内容を最適化することです。

お客様からよく質問されるのですが、Office RokomizのSEOの方針としては、
「必要なことはするけれど、余計なことはしない。」
です。

数年前までは、SEOテクニックなどというものが持て囃されておりましたが、そのほとんどは、googleが公式に否定しています。
ディスクリプションもキーワードもh1も、googleは読んでいませんでした。

(興味のある方は検索してみてください。マット・カッツの話が聞けると思います。)

もちろん、当事務所の書くコードにもSEOのテクニックが入っておりますが、はっきり言ってしまえば、大したことはしていません。
ごくごく当たり前のことを当たり前に行っているだけです。

お金を使えば上位表示されるということもないですし(google adwordsは別です)、裏道はありません。
良いページを作れば上位表示されます。
それがgoogleの指針です。